キーワード

飲食店の許可

【1】飲食店の許可とは

レストラン、カフェなどの飲食店をはじめるには、保健所の許可が必要です。

飲食店営業 一般食堂、そば屋、給食施設、レストラン、バー、カフェなど。
食品を調理し、又は設備を設けて客に飲食させる営業。
喫茶店営業 いわゆる喫茶店。酒類以外の飲物又は茶菓を客に飲食させる営業。
かき氷の販売、ジュース等のコップ式自動販売機も対象となる。


>> 飲食店開業の際、保健所の許可申請を依頼されたお客様の声


【2】許可申請の手順

1)管轄の保健所チェック
営業所を管轄する保健所が申請窓口ですので、調べておきましょう。
わかったら、お店の図面を持って一度相談に行くとよいでしょう。
許可の条件などは各保健所によって若干異なりますので、詳しい説明を受けておく方がよいからです。


2)許可の条件をチェック
お店が許可の基準に達しているかどうか確認します。
許可の条件の主なものは以下のとおりです。

●調理場が仕切られていること。具体的には調理場の入口にドアがあること(ウエスタン式でもOK)。
●シンク(流し)が2槽以上あること。食器洗浄機は1槽とカウント。
●給湯設備がある(お湯が出る)こと。
●調理場に手洗(L5以上のサイズ)があり、せっけん液があること。
●食器棚に扉がついていること。
●調理場に温度計があること。
●冷蔵庫に温度計がついていること。
●ふた付きのゴミ箱があること。
●トイレに手洗いがあり、せっけん液があること。

3)必要書類の準備
飲食店許可申請に必要な書類は以下のとおりです。
なお、この情報は東京都23区の保健所を基準にしており、地域により若干異なりますので、事前に保健所に必ず確認してください。

●お店の図面。調理場の部分は詳細に記載すること。
●お店付近の案内図。最寄り駅からお店までの地図。住宅地図をコピーしてもよい。
●申請書2通。保健所でもらえる書式に記入。
●水質検査票。水道が直結でない場合は必要。通常大家さんからコピーがもらえるはず。
●食品衛生管理者の手帳、または調理師免許など。

資格の証明書。資格がまだなくても、講習を受けることを約束すれば許可の申請及び取得は可能です。
●手数料18,300円

4)申請手続き
書類がそろったら、保健所に行き、飲食店の許可申請をします。
書類のチェックを受け、OKなら手数料を納入し、調査の日時を決めます。工事完成の1週間くらい前、または開店予定の10日くらい前に 申請するとスムーズにいきます。

5)立会い調査
調査の日時に、保健所の人がお店に来て調査をします。
調査は、調理場の工事が完成していれば、客席の工事は完了していなくても受けることができます。
このときに、2)の条件がクリアできているかどうかを調査します。
基準に達していれば許可になります。
新築や改装をする場合は内装業者さんが許可基準にそって工事をしてくれるので大丈夫だと思います。気をつけなければならないのは、居抜きで借りた場合です。
前も許可をもっていたからそのままで大丈夫、というのはあてになりません。
前の店舗が独自に改装している場合もあるからです。
基準に達していない場合は不許可になり、保健所に指示に従います。
でも、保健所の人はとってもやさしい人が多いので、お願いしてみる価値はありますヨ。
許可をもらえば、営業開始できます。

6)許可証の受取り
調査から3日後から1週間後に、営業許可証ができますので保健所に受け取りに行きます。このとき、印鑑が必要ですので忘れずに。この許可証は店内に掲示しておく必要があります。
また、食品衛生管理者の講習を受けていない場合は、早めに受講する必要があります。


>> 飲食店開業の際、保健所の許可申請を依頼されたお客様の声

【3】サポートします

このような手続きは自分でできるのでしょうか?
結論から申しますと、できないことはないと思います。
もちろん、自分で手続きすればタダです。時間はかかるでしょうが、できないことはないでしょう。しかし、図面を書いたりするのは大変です。
保健所に行くのは時間も労力も使います。
タダにこだわって1ヶ月時間を使うか、3万円程度の出費で早く楽にできるほうを取るか。それはあなたの自由です。
ただ私は開業前の限られた時間は、あなたのビジネスの成功のために使ってほしいのです。保健所で時間をつぶしてほしくないのです。

そこで、当事務所では、以下のようなサポートをご用意しました。


【4】大江事務所のサポートシステム

完全サポート
飲食店許可の手続き一切を頼むことができます。
当事務所はスタッフの訪問形式ですので、こちらからお店に伺い、打ち合わせを行い、手続きを進めます。調査にも立ち会います。
お客さまは時間をかけずに飲食店の許可を取ることができます。
報酬額 31,500円(税込)より
東京23区内は31,500円(税込).均一。
お店の場所によって若干異なります。
申請手数料18,300円は別途かかります。

マニュアルのみ
上記の飲食店許可のマニュアルを購入できます。
保健所の許可申請書の記入例がついていて、大変わかりやすいと好評です。ここでしか手に入りません。
自分で手続きしたいけどちょっと不安という方には最適です。
販売価格 1,000円(税込)

☆お申込方法 下記の4つの方法から選んでお申込ください。
電話 03-5451-3542
ファックス 03-5451-3541
メール alice@ohe-net.com
郵送 〒154-0016 東京都世田谷区弦巻4-4-15-103

☆お支払い方法
1)銀行振込み
1,000円を銀行口座に振込みください。
・お振込先
三井住友銀行 桜新町支店 普通 6577459
大江亜里朱(オオエアリス)

・メール alice@ohe-net.com
2)郵便小為替
1,000円分の郵便小為替を上記住所に郵送してください。

☆マニュアルお渡し方法
1)PDF版
入金確認後、お客様のメールアドレスに添付してお送りします。
メールアドレスをお知らせください。
すぐに見ることができますし、送料がかからないのでお得です。
2)冊子版
入金確認後、ご郵送いたします。
ただしこの場合、送料分をご負担いただきますのでご了承ください。
切手150円(速達の場合は420円)を事務所住所宛にお送りいただくか、お支払い時に一緒にお振込ください。
送料がかかってしまいますが、印刷されているので便利です。

個別アドバイス
マニュアルだけで十分対応できますが、どうしても特定の日にオープンしたいなど、特別な事情のある方へ個別アドバイスも行っております。
料金は電話相談1回3,150円~です。
電話、ファックス、メールでお申込ください。


【5】ご相談方法

ご相談はこちらから

当事務所に完全サポートや個別アドバイスを依頼、またはマニュアルを購入する方はメールまたはお電話
03-5451-3542へどうぞ


お問合せ先
キーワード
大江ありす行政書士事務所
〒154-0016
東京都世田谷区弦巻4-4-15-103



お問い合わせはこちら