キーワード

飲食店開業の際、保健所の許可申請を依頼されたお客様の声

いままでに当事務所にご依頼いただいたお客様の感想です。


居酒屋開店の際、必要な申請についてアドバイスがよかった(江東区 Oさん)

脱サラして居酒屋を経営することが昔からの夢だったのですが、たまたまいい条件の物件が見つかったので、思い切ってはじめることにしました。開店前にあまり費用をかけたくなかったので、居酒屋の開店準備の手続きは、ネットで調べて自分一人でするつもりでいました。飲食店の営業許可のことをネットで調べていたとき大江さんのホームページを見つけました。はじめは自分で保健所の届け出をしようと思っていたのですが、会社を設立し、創業融資を受けるための資金計画を立て、銀行口座を作り、税務署に行き、居酒屋の備品や食材の準備、アルバイトの手配、さらに保健所の手続きとなると、することがたくさんあって、予定の日にオープンできるか不安になってきました。

もう一度大江さんのホームページを読むと、費用も出せない金額ではなかったので専門家にお願いしようと思い、事務所に電話しました。実は何からすればいいかわからなくて困っていたので、大江さんがお店をオープンさせるまでの段取りをわかりやすく話してくれ、とても助かりました。すぐにお店に来てもらい、保健所の手続きをお願いしたところ、オープン日に間に合うように許可をとることができました。保健所の検査にも立ち会ってくれたので安心でした。お礼に獺祭のスパークリング酒をプレゼントするととても喜んでくれました。
大江より:飲食店の開店準備は一度にしなければならないことがたくさんあって、ひとりで行うのはとても大変なんですよね。お役にたてたようで私も嬉しいです。保健所の検査に来た担当者が結構厳しい人でどうなるかと思いましたが、無事オープン予定日に間に合って本当によかったです。


おにぎり屋さんの開業時、現状の図面を描いてもらえた(杉並区 Kさん)

駅前のいい立地の空き物件が比較的安く借りられたので、友人とテイクアウト専門のおにぎり屋さんをはじめることにしました。
しかしこの物件は以前はレンタルビデオ店だったため、厨房設備がなく、調理場を作る必要がありました。保健所の営業許可が必要なことはわかっていたのですが、シンクなどの設備の条件がわからなくて調べていたところ、大江さんのサイトに書いてあったので工事のときに参考にしました。しかし、少ない資金で開業したくて水道工事以外の内装工事は自分たちで行っていました。このため、保健所にいく時間がなくなってしまい、お店の図面も工事前の計画のものしかなく、手続きにも不安があったので、結局手続きをお願いすることにしました。予定より早く許可がもらえたし、工事後の図面も描いてもらえたので、頼んでよかったです。
大江より:お店をオープンするにあたって、もともと図面がなかったり、内装工事お計画と実際とは違ったりして、正確な図面がないことは多いです。保健所にはシンクやガス台や手洗いの位置など正確な図面が必要なのですが、図面を描くことができる人は少ないと思います。そんなときに当事務所を利用していただければと思います。


スムーズに寿司屋開業の手続きが終わった(株式会社SF 代表取締役 Sさん)

沖縄に新規オープンするショッピングモールに寿司屋を出店することになり、飲食店の許認可について相談できる人を探していたところ、後輩が「カフェの開業時にとてもよくしてくれた女性の行政書士がいる」と言い、大江さんを紹介してくれました。
当社で新規事業として出店するのか、沖縄に子会社を設立して運営するのかの判断をするために大江さんに相談したところ、手続きの手順や資金のことを詳しく聞くことができとても助かりました。
本当は大江さんに沖縄に行って手続きしてもらいたかったのですが、交通費などの費用がかかるので、大江さんに作ってもらった書類を持って私が沖縄に出向いて手続きしてきました。申請窓口での手順などは事前に丁寧に教えてもらっていたので、当日は迷うこともなくスムーズに手続きが終わりホッとしました。
大江より:お客さんに行って手続きしていただくのはそんなに多くないので、わかりやすく説明したつもりでしたが、きちんと伝わっていたかどうか心配でした。当日は沖縄から電話がかかってくるかとひやひやしましたが、役所から確認の電話があったのみで、夕方Sさんから無事に終わりましたというメールが来た時はとてもうれしかったです。



お問合せ先
飲食店の営業許可についてのお問い合わせはお気軽にお電話ください。
キーワード
大江ありす行政書士事務所
〒154-0016
東京都世田谷区弦巻4-4-15-103

>> 飲食店の許可申請のページに戻る



お問い合わせはこちら